引っ越しには心身とともに懐もすり減る!?

身一つで引っ越しを済ませられたらいいのにな。引っ越しを経験したことがある人は、一度は思うことではないでしょうか。身一つで引越し先に向かったら、重い家具や電化製品は取り付けてあり、クローゼットに服は収められ、ベットにはマットレス、布団、枕、シーツもしいてある!みたいな。笑

出来るかもしれませんが、かなりの費用が伴うことは間違いないです。心身ともに懐もともに健全のまま、引っ越しが完了することは現状ではないと言っていいでしょう。

ですが、せめてどちらかだけでも健全でいたいと思いませんか。

まずは費用を抑える方法です。コスト削減の一方で、業者にお願いをしないで全て自分で荷物を運びました。何回かに分けて荷物を運んだのですが、私の持っている車は軽自動車だったので、冷蔵庫やベッドなどの大きなものは軽自動車に積むことができませんでした。友人に相談すると、友人の車に積んで持って行ってくれることになり、大きな家具などは友人にお願いすることになりました。引っ越し先は2階だったのため、部屋に運ぶのも手伝ってくれました。その後、カーペットや洗濯機を新たに購入するためにホームセンターなどのお店に行きました。洗濯機の到着は2週間後になると言われたので、それまでの間はコインランドリーに行って洋服を洗濯をすることになりました。コインランドリーにわざわざ行くのは初めてだったので少し面倒くさかった記憶があります。住所変更として、光熱費、インターネット回線の会社などに連絡を入れなければならなかったので、かなり面倒な作業でした。

また、費用は抑えなくても、より楽に引っ越しをしようとするケースです。少し値段はかかりましたが、引っ越し業者を利用しました。エレベーターのない急な階段のアパートながら、さすがプロなだけあり軽々と荷物を運んでくれてあっという間に引っ越しが完了しました。

しかもそれだけではなく、使ってないというベッドやソファなどの家具までもらえました。どうやら他のお客さんが要らなくなった家具などの処理に困り、捨てるのももったいないからということで彼が引き取ることが結構あるそうです。

このように、さまざまな工夫をして、引っ越しを楽に安く済ませようとしている人たちがいます。ここではそのような工夫や経験談を紹介しています。あなたが引越しする際に少しでも参考になれたらと思います。

超SEO対策
内職 アルバイト